© TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD

ALL RIGHTS RESERVED

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARDは「コンテンポラリーアートとしての写真」の若き才能を発掘・育成することを目的に、2011年よりスタートいたしました。

いままで、篠山紀信やホンマタカシら写真の最前線で活躍する写真家や、南條史生、飯田志保子らキュレーター、千葉雅也、佐々木 敦、光田由里、名和晃平ら現代思想家・批評家・コンテンポラリーアーティストなどに審査を依頼し、日本で最もハードコアなフォトアワードとして機能してきました。その結果、数多くの俊英フォトアーティストたちを世に送り出してきています。

本アワードは、各作家がさらに制作に挑戦する起点となる場を設定することを目的としています。

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD was launched to discover and encourage the young talents of “photograph as a contemporary art” in 2011.

Since its beginning, we have invited world leading photographers such as Kishin Shinoyama and Takashi Homma, curators like Fumio Nanjo and Shihoko Iida and contemporary philosophers, critics and contemporary artists including Masaya Chiba, Atsushi Sasaki, Yuri Mitsuda and Kohei Nawa as the judges. It has come to function as the most cutting-edge photo award in Japan and has accordingly put many excellent photo artists out into the world.

This award aims to set a start-up opportunity for each artists to challenge an output of works more intensively.

CONTACT

TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD COMMITTEE 
担当:西本勇仁 / Yuji Nishimoto

  • Facebook - Black Circle