top of page

TOKYO FRONTLINE 2023


グランプリ

伊波一志

from photography

 

 「from photography」は、1992年に奄美大島で撮られたただ1枚の祖母の洗骨写真を起点に、放射状にあるいは波紋を広げるように「コト」を展開していくプロジェクトです。そもそも概念からの出発ではなく、1枚の写真からの出発なので、粘土彫刻のように少しずつ肉付けしていき概念の骨格を顕現できるようにと考えました。そこで、祖母の洗骨写真を中心に、それにリンクする作品を1つ1つ制作していきました。具体的には、奄美の母の実家に残った大量の古写真・家族写真を主に使用し、まずは、バナキュラーな「家族写真」について、次に支持体としての紙である写真の「物質性・肉体性」について、さらには、ゲストキュレーターにセレクトから制作・展示までを任せることで「作者不在」について、考察・探求するための材料を提示しました。最終的に、「from photography」というプロジェクトが「コト」として広がり、現在進行形で変化しつづける「写真」という抽象概念の中身を問い続け、メディアとしての写真の可能性を追求することを目指しています。 

Instagram:@kazushi_iha


準グランプリ

中川桃子

​『LOVE patrol』

写真を撮影するという日常的な行為を” 世界の触診” となぞらえて、粘菌と共に生活を送りながら、

人間の皮膚や都市における建築物の壁など、その” 境界" とされてきたものをモチーフに制作を行う。

写真を利用した平面作品やインスタレーションを用いて自身の報酬系回路を刺激しながら身体性が希薄になる情報の海のなかで、人間という生命体がサバイブするための呼吸法を模索している。

Instagram: @mnohigeki

HP: onakayowai.studio.site


準グランプリ

余宮飛翔

『a mnesia』

知らない土地で古い喫荼店に入り、ブレンドコーヒーとフルーツタルトを頼んだ。

店の奥には常連らしい気品ある高齢の夫婦が座っている。

コーヒーを飲みながら夫婦の会話を聴いているといつの日かの記憶が混ざり合いながら情緒と共に湧き上がる。

この記憶と情緒は、私だけのものじゃないかのように新鮮だ。

 

この作品は想起、追憶から湧き上がったイメージを

表層から枝分かれした視覚情報の意味を問い直しながら本来の意味を塗り替えた

新たな視覚表現の可能性を拡張する試みである。

Instagram:@tsubasayomiya

HP​: tsubasayomiya.com


 

川島崇志個人賞 佐々木敦個人賞

謝岳静(シャガクセイ XIE YUEJING)

『Atmosphere』 

写真とは、一人称の視点で自分の存在を記録できるものと考える。但し、私にとってこれは矛盾なプロセスである。その原因は、私は常に地域性があからさまにしない写真を撮影する。だが、これら自分の存在を証明できない場所を通して、自分の存在を見出したいである。この過程で私は苦労し、孤独感や薄い帰属意識を感じられ、常に不安な気持ちになっている。

まるで自分が大気圏の中にいるような感覚である。大気圏とは、地球の重力で混合している気体を取り巻く大気の領域である。重力は形がなく、目に見えない存在であり、大気圏は重力を可視化できた巨視的な表現である。これは「私」という概念と似ていると思う。「私」という概念は重力のような目に見えないものであったが、存在していることが確認されるであろう。

私がある特定な環境にいるとき、無意識的に雰囲気や感情な ど色んな情報を私に届いてくる。常に存在感をアピールしている。すなわち、彼らの物事は私の「大気圏」に構成していた。

Instagram: @emilyxie22


大山光平個人賞 港千尋個人賞


鈴木冬生

『斑』

私たちの住む世界は写真により各モーメントに解体され、それらの自在な組み合わせ、イメージの反復や類推によって新たな時空間を生み出す。

 

地面のシミや、蝶の斑紋が妄執的に現れてはさまざまな形に変奏され、このアナロジーを経路とするイメージの特異な空間は、現実に対する単なる混沌ではなく異なる秩序であると私は捉えている。

Instagram: @toisuzuki